同じ失敗

  g-mon は、自分自身が大嫌いになるぐらいには大きな失敗を繰り返し結果としてほんの僅かではあるけれども、こうすれば上手く行くと言う論理的な考え方を身につけたのだと思っています。そう何かを学ぶにも「思考を優先する・行動を優先する・模倣から始める」など人にはいろいろなタイプがあり、多分過去の g-mon は、行動を優先するタイプだったのだと思います。

 「過去の」と付けるのは、最近は痛い目に合う前に考え小さくためし修正を加え安全を確認してから行動を起こすタイプに変わりつつあると思っているからです。それはキット多くの失敗を繰り返しながら「これでは身が持たない」と気付いたからであり「論理的思考で答えに近いものを導き出す」に足りるぐらいには引き出しの数が増えたからだと思っています。

 同じように同僚達が覚えた知識を使い失敗に向かっていく姿を見て、これでいいのだろうと思うようになりました。もちろん立ち止まってしまった時には手を貸しますが、明らかに失敗に向かっているのであれば、シッカリ失敗を身につけて欲しいと思うわけなのです。沢山失敗し更に諦めなかった人だけが、やっとのこと、ことはそれほど簡単ではないと気付くのかも知れません。

 結局のところ「こうすれば上手く行きます」は教えられても今の g-mon には「それは上手く行きません」を教える能力・技量が無いことが分かります。戸惑っている人に道を説明することはできても思い込みに乗っかって崖に向かっている人に道を説明するのは、とても難しいのです。説明する? g-mon まだまだ同じ失敗を繰り返す?身が持つのでしょうか?
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する