ひととの会話

 母方の叔父さんが家を訪ねてくれ楽しい時間を過ごしました。触れたくない話題もありましたが叔父は g-mon の両親と同じで真面目で実直な人、思うことを素直に話されるので心地が良いのです。

 夜、息子夫婦が訪ねてくれ亡くなった両親の話に広がりました。「本当に素敵な両親だったんだよ」と言うと「そう思えるのは幸せですね」と返してくれました。嬉しかったです。

 人は自分側からしか物事を見ることができません。時には受け入れがたいことも沢山あります。それでも恨みつらみに思うよりは、いっそ受け入れてしまった方が楽なのかな?とも思います。

 更に言えば、譲れないものは譲れない。そのことと「相手の考えを受け入れる」は、違います。違うのは「なぜそう言った考えに辿り着くのか」とこちら側が考えるところにあります。

 それは世の中をほんの少し深く知る行為のような気がしています。g-mon は、短気で直ぐに怒ってしまう性格、ものごとをもう少し知りたいので、慎もうと思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する