数値の見方

 以前会社の数値が信用できないと言うことで投資をしていたのですが何を何故知りたかったのかは、聞こえてきませんでした。いずれにしても何某かの裏付けになりそうな数値を使って利益に結び付けたかったのであろうことは想像できます。

 個人的な考えですが数字に慣れていない方の方が細かい数字に気を取られ数字本来の姿を見えなくしているように思われます。例えば利益率を求めるのにビス1本の価格に拘ったりするのです。間違いとは言いませんが正しくはありません。

 数値の見方のポイントは、大体で見ること、時間軸を取り入れて見ること、そして仮説を立てて見ること、の3つだと思います。まずは数字全体のイメージを作り、年や月でどのように変化するか確認し、仮説を立ててから数値を掘り下げギャップを確認する。

 この手順で数値を扱うと不思議と何を改善すれば数値の結果が良くなるのかが見えてきます。何となく傾向が見えてきて脳の知識欲が刺激され数値を扱いうのが楽しくなる、そんな感じです。会社でも2度ほど紹介し感触は良かったですよ。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する