結婚する幸せ

 同僚の御嬢さんの結婚式に呼ばれました。同僚の結婚式にも出席したので親子2代に渡ってと言うことになります。当たり前なのかもしれませんが初々しく暖かい結婚式でした。

 新婦側の代表でg-monが勤める会社社長が挨拶されたのですが、とても良いお話だったので掻い摘んでではありますがご紹介します。テーマは、少子高齢化。

 「少子はともかく高齢化は長生きをすると言うことですから悪いことではありません。」「ただ、少し前の平均寿命は65歳だったのに対し今ご結婚される方々の平均寿命は100歳に届きます。」「従いまして以前は結婚し30~40年の夫婦生活だったものが70年以上もの長い年月を考えての生活を設計をすることに成ります。」「山あり谷あり何時も大切なのはお互いを思いやる気持ちです。その時々をお二人で大切にしてください。」「最後に、少子の方の対策もお願いして、ご挨拶に代えさせて頂きたいと思います。」「ご結婚おめでとうございました。」

 押さえるポイントはが違っているかも知れませんがご容赦を。g-mon は将来の夢も見ますし計画も立てますが、そのほとんどが仕事のことです。その時々ですが今は仕事の設計をするのが楽しい時期なのでしょうし今の会社に限らず動けるうちは仕事をしていたいと思っています。

 ただ、それだけじゃ無いですよね。自分のことを考えるのは苦手ですがせめて一緒にお付き合いくださる伴侶の幸せについて位は考える責任があるのだと改めて教わりました。私達の時も皆に祝福されたいい結婚式でした。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する