眠れない夜

 同僚に話し伝わったのが100とするならば、後輩に話し伝わったのは50に満たなかっただろう。更には同僚は他に話し伝えられるし深く考え伝え方、話し方を強化できるのに対し、後輩は固まってしまうと思う。

 悩みに悩んで、何とか今晩の内に改善策を考え出すことができた。ことは簡単で、よりシンプルに要点だけを伝える。初めて作業にあたる人に対しては難しい理論を後回しにし、まずはやってみて貰う。それだ。

 何故こんな簡単なことに何度も躓くのかと言うと結局のところ g-mon の気持ちばかりが先走り、相手の立場、気持ちに成れていないからだと気付く。新しい概念を話し伝える時に調子に乗っていては伝わらない。

 相手の立場に立つ、相手によって伝えるのに要する時間を変える。大分できるようになってきたと思っていたのだけれども自分の未熟さを再認識する。でも、兎に角、そろそろ眠りのパターンに入り込めそうです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する