世界を変える

 仕事のお話なのですが5年、長いものでは10年掛けて一つづつ用意した役割をやっと組立て始められる環境が整いました。各役割の詳細な戦術部分に関しては、まだまだ何回ものフォローが必要なことは分かっていますが各役割毎に全体を意識しながら個別に自主的行動を起こしてくれる、ことも分かっています。

 今回仲間達と行動していて学んだのはイメージの伝え方です。白板を使って各役割がどのように設計されどのように改善され、それらが階層的にどのように組立てられ、更にはどのように繋がり、それらをまとめる仕組み、例えば、品証とか総務とかシステム屋などの位置づけに付いてのイメージ共有方法でした。

 更には、このフレームワークを維持する教育計画とスキルに関するお話に繋がるのですが、そこまで話せるのは稀、役割の設計方法と階層と繋がりまで行ければ良しとしました。それでも皆さん霧が晴れたように喜んでくれました。十分とは言えませんがまだ時間はあります。もう少し伝えられたらと思います。

 g-mon が今仲間達に伝えている事は、考え方の整理方法なのですが、それは人と人の繋がり方についての整理方法でもあります。例えば「あの人が悪い」と言った時に「その仕事のプロセス設計が悪い」と置換える事が出来ると伝えています。もしこの整理方法が広まったら。ほんの少しだけど世界を幸せの方向に持っていけるのでは、と考えています。
 
 今日は、文が特にまとまりませんでした。後輩が出勤してきたので、またいつの日にか見直し、まとめ直したいと思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する