ホラ話

 後輩と少し話をした。「最近どう?」から始まって「失敗続きで」から繋がり話したのは何時もの g-mon 夢話。笑い話として聞いてくれた。楽しく聞いてくれた。面白そうに聞いてくれた。それが嬉しかった。

 でも、同じ話を同僚とするとそれは真実になることを g-mon は知っている。別々の役割でも同じ夢を追いかけながら行動するから少しづつ現実に成ってきていることを g-mon は知っている。それが嬉しい。

 夢は持たなくては現実にならない。あたりまえだ。ただ夢を現実にするには少しばかりのテクニックも覚えなくてはならない。

レッスン1:夢を語る
夢が出来たらそれをできるだけ多くの人に語ろう。何回も語ろう。 その回数で夢は段々と形になって行く。

レッスン2:夢に絶対の自信を持とう
この夢は皆が喜んでくれる!この夢は絶対に必要だ!自分はこの夢を必ず達成できる。理由はいらない!!

レッスン3:最初の一歩を踏み出そう
夢が大きければ大きいほど到達までの道のりは長い。長いけど最初の一歩を踏み出せば必ず到達する。

レッスン4:自分だけを強化しよう
夢があるならそれを実現しようとしている自分を褒めよう!素敵だと認めよう!素敵な人には仲間ができる。

レッスン5:仲間たちと分かち合おう
何時の間にか彼らの夢に成ってしまった自分の夢。それでいいじゃないか、もっともっと祭りを盛り上げなくちゃ!

 たぶん、このテクニックで夢は実現できると思います。まあ、こんな話は後輩にはできませんからね。ここだけの話と言うことで。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する