伝えたいことがある幸せ

 退職した後輩から教わった本を momoさん(嫁)に手配して貰い早々に読み始めた。「仁術先生」お医者さんが書いた小説です、筆者個性の分かるような書き方でしょうか?宜しかったので是非、お勧めします。そして momoさんには感謝を伝えなくては。

 昨日は、このところ大変迷惑を掛けている同僚に少しだけ話す時間を取ってもらいました。「大切な友人のために」で紹介した才能ある彼です。ただ頑固(信念を持っている方)だとは思いますが押しが強い方ではない(優しい)ので会社や本人にとってハッキリした成果を出すまでには至っていません。 g-mon は、とてもモッタイナイ、とてもカナシイことだと思うわけです。

 短い時間でしたので上手く話せたか心配です。話したのは順番に「とても感謝している事を伝えました」「仕事を幾つか別の角度や別の距離から見ると具体的な役割が見えると伝えました」「多くの仲間が協力しだしている事を伝えました」「その中での彼の立ち位置が2つある事を伝えました」「素晴らしい才能があることを伝えました」「離れているが一緒に才能を活かそうとお願いしました」「再会を約束しました」約束は守らなくてはなりません。
 
 行動だけですと距離が離れている場合には見えずらいのでコミュニケーションが大切になってきます。距離が近くとも行動の真意を伝えたいと思うのであればコミュニケーションが大切になってきます。結局のところ表面以上の信頼関係を築き守りたいのであればコミュニケーションが必要になります。そしてそれは苦痛ではなく、とても楽しいことなのだと g-mon は知っています。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する