チャレンジの四月

 日本の四月は、新学期や就職、進学などなどで新しいことへの期待と不安が膨らむ季節だ。

 昨年9月は、インドの大学を卒業した彼が入社してくると言われた。雇った本人は将来彼にインドを任せると言った随分と大きな期待を持っているようだが当面預かるこちらは、何が出来るかも知らない。そこで人となりを面接した方やインドで面識がある仲間に聞いて情報を拾い集め、たまたま預かっていた技術のプロジェクトチームに迎える準備を整えた。

 あれから5ケ月、比較的シックリ職場に馴染み戦力として働いてくれている。「私も何をするのか全然わからずここに来ました」と今は彼も笑ってくれる。仲間と懸命に考え想像し仮説を立てて環境を準備したことが無駄に成らなかった。

 週が明けると g-mon の所にも新人君の部下が入社してくる。二十歳だ。もちろん迎える準備はしたが研修期間が3か月、その後にOJT期間が3か月用意されているので、その間に新人君の部下に成る人の人となりを理解したいと思っている。そう、新人君の時もそうだったように適しているであろう目標の設定は入社半年後に行う。

 日本の四月は、用意した環境や計画で戦いに向かうことへの期待と不安が膨らむ季節だ。
  
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する