上手な対話を考える

 当たり前のことですけど考えを押し付けると対話する気がなくなってしまいます。もちろん受ける方でも言い回しによっては相手の気力をなえさせることが出来るでしょう。対話を成立させるには「それを乗り越える気力を双方が持っている」か「上手な会話の仕方をどちらかが持っている」が必要となります。

 ただ、この「上手な会話の仕方は聴くことが特に重要」になるため対象者によっては十分な時間が確保出来ない場合が出てきます。その場合には相手の価値観を一時的にでも受け入れて違う見方の考え方もあると言うことを伝えられればよしとします。それでも対象者は気に入らないかも知れませんが。

 相手の考え方を受け入れるには、それなりの器が必要になります。この器は相手に対する思いやりや愛情によって育てることが出来ます。人に興味を持つことも大切でしょうし一緒に成長する楽しみを共有出来れば、なお素晴らしいと思います。それにより感情的にならずに相手が分かるよう話すことが出来ます。

 つまり相手が分かるように話せると言うことは「相手の言うことが理解出来るように自分自身の聴く準備が出来た」ことになります。論理的に話す話し方を相手の理解できる言語に翻訳したと考えてみてください。そうなんです!対話が出来ないと言うことはお互い別の言語で話しているようなものなのです。

 言語は、気持ちを通じさせるための道具です。ですので同じ言語で話せれば、お互いの心を通わせることが出来ます。心の通った会話が出来れば、お互いに気持ちの良い充実した時間を過ごせると思います。その対話のあとには、相互理解と感謝の気持ちが双方に残るのでは、と思っています。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する