失敗してしまった時

 先日のクラス会集合写真が届きました!写っていませんでした?そう言えば何枚か撮っていましたが1度だけ椅子の片付けに外れた記憶があります。ある意味、持ってます。

 タイミングを逃すと言うのはよくあることで後で後悔しても同じ時間は二度と戻ってきません(と思ってます)。であるならば失敗をしないようにと慎重にことを運べばいいのですが性格が邪魔をします。

 それが何故か可笑しいのです。自分を見て滑稽に思えると言うのは時間のゆとりは無くとも心のゆとりがまだ幾らかはあると言うことで、幸せなことなのかも知れません。

 人に決められるのではなく自分自身で決めた自分の個性の良し悪しは一度おいて置いて、今の時間と今の結果を少し離れた所から楽しむ。これはなかなかの贅沢だと思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する