お客様のために

 一般には3連休。でも、製造の方は受注をこなすために出勤されていました。何だかんだ言っても、この方たちが会社を守ってくれています。本当にありがたいことです。

 少し困ったことがありました。それは「こんなに忙しいのに改善活動を続けなくてはならないのか?」という質問です。「それよりお客様の製品を作るのが先では?」もっともに思います。

 ただ、失敗も時には危険さえも「お客様に製品を届ける」の名のもとに軽視され続けてきたのも事実なのです。結果、手直しなどで生産工数が増えたり部品の供給に支障が出たりです。

 g-mon は、時にお客様の要望を全ては聞き入れなくても良いと思っています。ただし、全社的コンセンサスと長期に渡って更に喜ばれる製品をお客様にお届けする覚悟がなくてはなりません。

 仕事にはメリハリが必要ですが失敗してしまった時や忙し過ぎる時に人はテンパってしまいます。そんな時こそ気持ちを落ち着かせるためにも幾らかの時間を改善活動に充てるべきではないでしょうか?
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する