他人目線

 「 g-mon は細かいところがある」と自身の口から言ったのに考えていたところと違う部分を指摘され多分変な顔をしてしまったのでは?と心の中で笑ってしまいました。 g-mon は「どの様に人から見られているのだろうか」と気になる時もあります。

 慌て者である。ある線を越えてしまうと簡単にパニック状態になってしまう。言ってしまえば器が小さい。しょうがないから器の数を用意してごまかしている。対応している?それが周囲の人からどう見えているかは分からないですけど、そう言う個性なんだと思います。

 そんな見え見えな性格ですが苦笑いしながらも皆さんお付き合いしてくれます。一緒に仕事をするのが楽しいと思える職場に巡り合えたのは本当に幸せなことだと感じています。そしてそんな仲間達に対して g-mon も気になる点があります。

 それは皆さん「決められた仕事を真面目にやることに満足している」ことです。「それの何が悪い?」と聞かれそうですが悪くはありません。でも良くもない気がするのです。大切なことは「決められたことを真面目に熟しながら、もっと良い方法を考える」ではないでしょうか?

 それは「慌て者」で「すぐパニックになる」し「器が小さい」人でも出来ることだと思っています。そうで無い人ならなおさらです。キチット真面目にやっていたってトラブルは必ず起こります。それを「自分は改善して良いんだ」と1段上の位置から仕事を見てくれたら。自分のことは見えないんですけど人のことは見えたりします。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する