戦術の前に戦略を

 ご縁でお預かりしているプロジェクトメンバーから「この会合はモチベーションが上がります。ただ帰っての会議は ・・ 」と言ったようなことを言われる時があります。以前よりは随分減ったと仲間たちと感じてはいるのですが道半ばまでも到達していません。

 メンバーの行動や発言は目を見張るものがあります。言ってみれば素晴らしい宝石の原石であることが分かるのです。説明の仕方や真意の見せ方に若干の問題も感じなくはないのですが、そこは聴き手の真剣さで幾らでも補える問題だと思っています。

 上長は部下に指示をしなくてはなりません。部下はそれを真剣に聴き具体的行動に移します。そして次は上長が真剣に報告を聞く番です。お預かりしている方が上長の指示を理解して行動していることは間違いありません。では、上長が聴いていないのか?

 現状把握が必要です。この会社には個性豊かで優秀な方が揃っていますからポイントさへ押さえて頂ければことは前に進みだします。ただ、数年前まではポイントを教わることを知らなかったのです。チャンスは均等に、何らかの手立てを考えねば。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する