冒険の旅

 「筋道を立てる」と言う言葉があります。「論理的会話」と言うよりは何を言わんとしているかが伝わりやすいと思います。結果には原因があります。ただ様々な場面に置いて「AによってBが起こった」と言うほど簡単に事象を理解できることは稀です。

 「そんなことは無い」と言われる多くの方も現象や報道を鵜呑みにし理解したと思われているだけではないでしょうか?物事には裏がありどの様なことでも深く探究すれば面白い事実が判明し気付かなかった事柄どうしの繋がりなども見えてきます。

 それではこの深く探究すると言うのはどういった行動なのでしょうか?悪く言えば疑りぶかい?いえいえ何に対しても深く探究していたのでは人生が千回あったとしても足りません。自分の人生にとって大切な事柄への気付きからそれは始まります。

 そしてその気付きを形成している様々な事柄の真意に対し仮説を立て裏を取り納得がいけば筋が通った事になります。同僚や部下達は今まさに探究の渦中にいます。様々なことの筋が見えてきていると思います。でもこの旅は始まったばかりです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する