出来過ぎる部下

 部下の新人君(入社2年)は「まだまだ未熟」です。未熟ですが他の方と比較すると「随分と優秀なんだ」と気付かされます。随分と仕事ができるのに g-mon が勝手にハードルを上げてしまい「出来ていない」と判断しているのでしょうか?そんなことはありません。

 現在設定してあるハードルは昨年の今頃新人君と二人で作ったものです。目標の高さも目的もその時のまま。と言うことは最初からハードルが高かったのでしょうか?それも違うと思います。単純に他の方と違い「新人君はハードルが渡されていた」だけでしょう。

 もちろん彼の才能は認めます。ハードルが渡されていたからと言ってそれをクリアーするのには、真面目な努力が必要です。でも今の彼にとってそれは辛いことではない。なぜなら彼は今努力の結果で周囲に感謝されているからです。キット嬉しいことでしょう。

 渡すハードルは適切な高さでなくてはなりません。訊きに来れば状況を確認し不足分の入り口は教えますが任せた以上は自力でやり遂げて貰わなくてはいけません。やりとげられる環境も用意しなくてはなりません。ふー、優秀な部下を持つと大変です。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する