TOYOTA MIRAI(1部?)リコール

 ありがたいことにリコールの手紙が届きました。これでやっと「TOYOTA MIRAI」がネタの日記が書けます。

 リコールの内容は「燃料電池システムにおいて、FC(燃料電池)昇圧コンバータの昇圧制御が不適切なため、長い下り坂を走行直後にアクセルを強く踏んだ際、FC昇圧コンバータの出力電圧が最大制御電圧を越えることがあります。そのため、警告灯が点灯するとともに燃料電池システムが停止し、走行不能となるおそれがあります。なお、通常の始動操作で再始動は可能です。」とのこと。

 g-mon の場合は、燃費の向上する運転に徹しているために”アクセルを強く踏んだ”ことがございません。燃費運転が体に染みついてしまっているために踏みたくても体が足が言うことを聞かないのです。ましてや”長い下り坂を走行直後”でしたら蓄えた位置エネルギーを利用してニュートラにシフトし車を転がすに徹します。

 先日も水素ステーションで充填中に「1充填で500km以上を走れる方がいると話したら驚かれていましたよ!」とステーションの係の方が話してくれました。(ここ八王子の水素ステーションでもTOYOTA MIRAIにお目に掛かれたことは納車8ケ月たった今も1度しかありません。したがって情報交換はステーションの係の方に頼ることになります)その方は、何でも「TOYOTA MIRAI」のデザインにかかわった方で1充填で400km代でしか走れないそうです。

 リコールの話に戻りますが、購入先の営業さんのお話によれば「今回のリコール対象車は約1500台」だそうです。購入した東京トヨペットさんですが最近2台めを納められたとか。近々何か新しい情報(ネタ)が無いか収集がてらに修理をお願いしようと思います。それにしても「TOYOTA MIRAI」見かけませんねー。どこに居るんでしょう?
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する