赤ん坊との対話

 毎日毎日いろいろなことを考え相手がいれば話し合い少しづつことを進めて何時か死ぬ。昔は死ぬことが怖かったのだけれども毎日を今を大切にしだしてからは気にならなくなった。

 それでも死の宣告を受けたら怖くなるかもしれない。少なくとも死ぬ日までの間に辛い思いをするのは嫌だ。生きたいと思えば辛いことを沢山克服して死を乗り越えなくてはならない。

 生きることは素晴らしい、楽しい、ワクワクする。そして大変だ。生まれたばかりの赤ちゃんも独り立ちできる体を作ろうと毎日毎日奮闘している、とても真面目に生きる努力をしている。

 誰もが同じなんだ。自分だけがとか他人がとか偏った見方で今を気にしてもしょうがないと分かった。毎日を今を大切にしていたら自分のためにちゃんと生きるだけでいいと分かった。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する