久々に10年後まで計画してみた

 人を大切にするのは、難しい。努力してくれたことに報いるのは、もっと難しい。

 変化に対応できない企業は、残れない。時代は変わるしブラックマンデーやリーマンショックのようなことは、また起きる。その時に企業がどのような影響を受けるのか予測するすべがないとしたら、恐ろしいと思う。

 一番お金を持っているのは、儲かる企業を持っているオーナーだそうです。儲かる企業には、経営者がいて、一般的には長期的に儲け続けようと考えています。

 長期的に儲けるために必要なのは、1番にビジョン、2番に人(教育)と言われています。ビジョンは長期の仮説です。仮説があれば何かの変化に対し比較ができ修正が行えます。人は、目的が理解できていて背伸びすれば手の届く目標がある時に、積極的に勉強をします。

 それができる環境が必要です。人を経費として扱いキツキツの仕事を押し付けている企業には、長期的には成長の余地がありません。仕事には、メリハリとユトリが必要です。その上での目標設定です。

 10年は、短い。それでも先を予測するのは、難しい。難しいけど考えなくては、みんなに応える術がない。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する