嫌われる恐怖

 嫌われる勇気と言う本があります。簡単に言えば、人は周りの人に影響され苦しんだり悩んだりする。だから周りを気にするな。そのための考え方を教えてくれる本です。

 周りを気にするな、と言うのは自分勝手に生きろと言う事とは、違います。過去に囚われずに自由に考え、未来に夢を託し今を頑張る。結果、色々の事の見え方が変わる。

 なかなか柵からは抜けられず失敗も多いのですが、お蔭様で随分と今、何をやるべきかを本から学べました。結果に繋がらない場合もあるのですが、達成感はあります。

 誰だって嫌われるのは好きではありません。でも、念力で人の気持ちは代えられないのです。代えられるとしたらどのような行動を今するか、なかなか良い本だと思います。
  
コメント

私は思いっきり相手の気に入る事をしてしまう典型的な「嫌われるのが怖い」人種ですね~
でも、それだと本当にやりたい事や思いが達成できないって分かっているんですが、つい相手の顔色を見てしまう自分が嫌になる事がありますw
しっかり自信を持って仕事をすれば人の顔色を見なくても良いのですが・・・って事はまだまだ未熟なんでしょうね(ー_ーゞ

マリウスさん コメント、ありがとうございます。

心理学と言うとハイドが有名ですが、あれは「過去こんな事があたから、こんな性格になり、こんな結果になった」と言った理論ですよね。

これにたいしアズラーの心理学は「まさに今、自分がどのように行動するか、で結果が変わり、心が安らかになる」と言った理論だと私は、解釈しています。

マリウスさんがその時、その時の行動を起こす自分自身を楽しめれば、嫌われる事は、さして気に成らなくなると思います。楽しんで。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する