不公平な会社

 仕事の中で何かの役割をお願いするとすれば、仕事本位、論理的に行動出来る人を選ぶ。ただ、学校を卒業しただけでは、技術は持っていても技能が磨かれておらず、技能を磨くためには良い目標と考え方を指導してくれる先輩が必要になる。

 良い目標と良い先輩の指導があって、初めて仕事本位、論理的に行動出来る人に成る事が出来る。(もちろん自力で手に入れる方もおられますが多くは無い)問題は、本人の資質以前に全ての人に良い目標と良い先輩を用意できない事にある。

 目標も先輩方も会社にとっては資産であり有限であるため必然的にメンドクサクない(手間のかからない)人を優先的に対応する事に成る。その選択肢には、相性や役割の将来的欠員、新しい目標の設定など多分に運みたいなものが含まれます。

 せめて小さな会社の中では、全ての人に均等に同じ機会を渡したいと思うのも自然の発想ではないでしょうか?では、どうするべきか?結論から言えば時を待つしかありません。チャンスを得た方が次を育てその輪が全社隅々まで広がるのを待つ。

 全ての社員が良い目標を持ち技術・技能の連鎖があり横展開が当り前の会社であれば、良い新人を向かい入れ全ての方に良い目標と良い先輩が付く事も夢では無い。それが g-mon の目指す一流企業の姿です。夢は、諦めなければ叶います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する