マネージメントで失敗しない方法

 何か物事を選択する場合、消去法を使います。思い付くだけの手立てを用意し実現性や費用、期間、継続性などから判断します。でも、大概の場合、答えは思い付いた手立ての外にあります。

 マネージメントには、幾つもの閃きが必要です。それこそ走りながら状況を把握しつつ新しいアイデアを生み出し小さく試しダメなら直ぐに次に上手く行ったらもう少し大きくし試すを繰り返します。

 失敗したくなければ多くの人の意見を聞くべきです。協力者を募り目的を継げお願いをし任せ全員で事に当たるのです。そのやり方は必ず失敗します。行動を起こさせるエンジンが弱いのです。

 やるからには、自分自身、たった一人で責任を負うべきです。責任の取り方は、ダメなら会社を辞めるなどでは無く、必ず成功する事です。犯罪に成らない正しい方法を使って全力で戦うのです。

 幾つもの成功者の事例を研究し本を読み講演を聞き自身のビジネスモデルに当てはめる。成功を信じて?大切なのは、成功事例の陰にある背景です、環境です、時代です。見えていますか?

 繰り返しに成りますが、答えは選択肢の外にあるのが普通です。立ち位置を代えましょう、常識を代えましょう、自分を疑い真実を心理を探しましょう。難しくは、ありません「冷静に見る」それだけです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する