お客さま目線?

 以前、お客様が購入した製品の情報をwebで確認できるシステムを作ったところ「問い合わせを営業員が受けるから大切な接点が出来るんだよ」と諭されリリースに失敗しました。でも、それって会社目線なんじゃないかな?

 製品の基本ソフトを変えました。技術の要望で商品名を代えたいとの事、理由は分かるのですが、それこそこちらの都合。運よく営業から操作画面の操作性を上げたいとの要望有、渡りに船ですがお客様の声なのか?

 そもそもお客様の声をどうやって拾い上げる事が出来るのでしょうか?やはり、こちらが何らかのテーマを示し、それに対して具体的な行動(試してみる・購入する)を取ってくれるかどうかのデータを収集するべきでしょう。

 幸いな事に g-mon の会社の製品は、使用用途に最適な設定が選べ、お客様の商品は、少数多品種に向かっていますので、全てでは無いにしても分かりやすい操作性と外部からの切り替えは喜ばれると思います。

 それもやはり作る側の理論?証明しようと思えば敵は外部だけではなく内部にもいますから石頭にも分かるような論理とプレゼン力が必要となってきます。まったくもって企画と言う仕事は、面白い!好きです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する