楽しい朝礼

 見方感じ方は人それぞれ、g-mon が素晴らしいと感じても他は「そうでもない」と感じる時もある。先日もそうでした「素晴らしい朝礼の話を聞いて感動した」と言ったところ「どこが?朝礼でしょ?」と言った反応でした。

 その朝礼では、お互いの持っている引出を披露して、お客様との話題に繋げようとしていました。お互いの話術を研究しより伝わりやすい手法を模索し、なにより互いに認め合いお互いを研究し磨きあっていました。

 g-mon の感動は、パット見、普通の朝礼ですが、そこに全員が共有できる目的と目標を備えると特別な朝礼に成ると気付かせて貰えた事にあります。同じ朝礼でも何の為にを用意するだけで楽しいものに変わるのです。

 g-mon には、至らないところが沢山あります。1つ1つの行為を大切にしない事もその1つです。結果、惰性や思い込みだけで折角の時を過ごしてします。もったいない。2度と戻らい時間、大切にしたいと思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する