大きな期待

 g-mon は、伝え下手である。そもそも脳ミソの中が、とっ散らかっている上に新しい知識をグイグイ押し込むものだから g-mon なりに咀嚼するのが精いっぱい、それを誰かに伝えようとしているのだから無理もない。

 が、長く付き合ってくれている同僚と言うものは、実にありがたいものである。南都、g-mon から溢れ出る単語の数々を繋げて理解してくれるのである。更には、起承転結にまとめる手伝いまでしてくれるのである。

 実は、同じ話を十数年前にしているのである。その時は、通じなかったから行動に移して貰えることも無かった。それがどうだろう、今回は率先して行動を起こしてくれている。g-mon では無く同僚が変わったのである。

 まだまだ振り回されているところは散見されるが、周囲が見えて来てやるべき事が見えて来ているのだと思える。後は、とっ散らかっている脳ミソに新しい知識をグイグイ押し込んで、やるべき事をハッキリさせる。

 g-mon は、継続して行動してくれることを祈るだけである。行動し壁に当たればフォローも出来る。だから、g-mon も行動するのを止めるわけには行かない。大きな期待が現実に成る日までは。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する