二者択一

 g-mon の会社では、今まで組織的に教える事をして来ませんでした。当然、誰も教える技術を持っておらず、技能や知識は継承されませんでした。

 今、管理職に学ぶ技術と教える技術を一緒に勉強して貰っています。結果、会社としては良い方向に進んでいますが、今後大きな問題を1つ克服しなくてはなりません。

 それが、二者択一です。今まで組織的に教えてこなかったので当然直ぐ下の部下は、学ぶ事も教える事も苦手です。それに比べ比較的最近入社した子達は、まだ無垢でどんどん覚えます。

 多くの時間と労力を掛けても直近の部下を育てるのか、前向きに覚えようとする若い世代を育てるのか、社長も悩んだようですが両方へのアプローチで正しいのだと思います。

 年功序列や経験年数が長い方が優秀であると言う考えは、もう成り立ちません。上司、社長まで含めて、あるのは、役割分担だけなのだと思います。で、あるならば二者択一ではなく全体最適化なのでしょう。後は知恵しだい。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する