教え方

 何かを「学んで頂くには、その人の現在の位置で分かる内容から始めなくてはならない」当たりまえですよね。

 でも、学んで頂きたい事を知っているような素振りをされたらどうします?それを崩さず、反論されたら勝ち目はありません。

 理解しているかどうかは「自転車に乗れるか乗れないか」ほどに分かるものなのです。チョット走ってみて貰えばよいのですから。

 結局のところ「学んで頂きたいと思うのであれば、教えるほうが沢山の事を学ばなくてはならない」と言う結論に行き付きます。

 そして時間は、どんどん失われて行く?いえいえ、諦めずに続けられれば知識が広がるのですから、時間は無限に広がります。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する