社長の仕事

 本当に社長と言う仕事は、大変だと思う。とくに、g-mon のようなのが居るところの社長は。

 やっと、1年半かけてやっと、部長が口を挿まず、課長も全員に教えるのではなく係長を指導し、係長が皆を引っ張って小さな目標を早く達成するサイクルが少し回り出した。

 これで、教え(継続的支援)、受け継ぎ(学習と実践)、工夫を加え(小さく試す)、変化(報告と標準化)する文化の基礎が出来た。

 社長が言い続けてきたメッセージ(ビジョン)への最初の一歩、回答だと思っています。

 社長のメッセージと言うものは、色々な年齢と性別の組み合わさった別々の価値観を持ち、それぞれの役割に付いている全ての人に対するメッセージなのだから大味に成らざる負えません。

 だから、部長がそれを翻訳し社長と何度も何度も確認を取る。そして何度も何度も、下に伝える。それが、末端まで辿り着く事を確認するのも社長の仕事。

 気の遠くなるような話、g-mon は短気で視野が狭い、とても出来ない業です。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する