学ぶ事、教える事

 g-mon の経験では、興味のある事の方が覚えが早い。直ぐに使ってみれば、なお早く、機会がある都度使っていれば、コツが分かってくるのだけれども教えると成ると難しいのです。

 それでも若い人は、興味を持って聞いてくれ一緒に楽しんでくれます。それには、訳があって新人が入社する前に”ゆとり世代”の教育方針を学習しそこから教え方を学んだからだと思います。

 ただ、それは「目的目標をハッキリさせる」「継続的にフォローをする」「小さく速く成功させる」「失敗を経験にさせる」などなど、何も”ゆとり世代”だけに通じる事でも無さそうです。

 問題は、随分と大人になってしまった頑固世代?「学ばず自分でやりたがる」「僅かな経験の正しいを振り回す」「自信が無いから虚栄をはる」g-mon も以前は、そんな感じでした。
 
 では、どうやれば学ぶに変わるか?g-mon の場合は、沢山の失敗を繰り返し学んだのだと思っています。ですが、沢山の失敗を仕事仲間達に経験させる事は出来ません。
 
 ならば、時間を掛け話しかけ続けるを試してみようと思います。教える事が学ぶ事であるなら、学ぶ事もまた教える事。何をどうしたら良いのか分からない時に諦めずに考え続け小さく行動する。それもまた”学ぶ”なのです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する