恐ろしいお話し

 「計画の次のステップに進むため根回しをしてよいか」と相談したところ「いやだ、私のやることだ」と言われましたので「わかりました、それでは、待機しておりますので必要になったらお声がけください」とお返事しました。

 あるシステムについて気になり「時間は掛かるのだが作り直してよいか」と10年前に相談したところ別のお偉いさんに「いえ私がやります、手を出さないでください」と釘を刺さされた。未だ現場は困っています。

 自分の仕事が取られると思うのでしょうか?自分でおやりになりたいなら、やりかたを聞けばよいのに、と思うのですが、どうもそれは普通ではないようです。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥と言うのは昔のこと?

 結局のところ理屈でないところで、この世の中は回っているのです。人の気持ちは、その人にしか変えられないのです。それではと、何とか満足していただける方法を考えて誰かにお手伝いをお願いするとしましょう。
             

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する