栄誉

 部長の彼が課長の立場で g-mon を訪ねてくれる。合わせて課長の g-mon は、真摯に話を聞きアドバイスをする。彼は、頼むと言い、 g-mon が、彼の所の係長と話す事に成る。

 数日後、課長の彼に目標を示された彼女(係長)が訪れるだろう。2度目の話し合いに成るが、前回、彼女に確認した時には、課長の目標、部長の方針を理解していなかった。

 彼はその事を受け止め週明けに、彼女と話す時間を作る。それが終われば、担当の g-mon は、やるべき事を彼女と確認し、一緒に働く。それで、とても気持ちよく働ける。

 彼から「大丈夫 g-mon さん、こんなに頼んでいいの?」と聞かれれば「ひまだから」と何時もと同じに答えます。彼が彼の仕事をするのであれば、g-mon は、g-mon の仕事をします。それが、
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する