混乱の必要性

 g-mon、政治と宗教の話は、外しているのですが、トルコのニュースには、落ち着いて居られませんでした。この世の中の、何が正しいか、1つも分かりませんが、混乱が収まりつつあると聞き、嬉しいと感じています。

 イギリスのEU離脱は、半々と聞いていましたので”そうなのか”と言う感じでしたが、かつては海賊の国、そしてとても多くの国を植民地に持ったイギリスが日本を植民地にしなかったのは、薩摩藩のお蔭だと思います。

 当時の江戸幕府には、他の国との交渉をまとめる能力が乏しかったのでしょう。海外には国と国が長い間、騙しあいを続けてきた歴史があり、交渉術は、時に荒っぽく、時にしたたか、国内統治とは、勝手が違ったようです。

 大きな目で見て、いったい何が起こっているのでしょう?世界中で起こる大きな事件を通じて大まかですが、私達にも大きな大きな混乱を認識する事が出来ます。g-mon には、それが大きな発散の時期のように映ります。

 まだまだ混乱が続くのでしょう。でも、その先には収縮の時期があります。それは、どんな、未来の姿なのでしょう。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する