怒ると損

 どんな事でも起こると考えがそこでストップしてしまう。クールに装っても、曖昧な解決が、数値で割り切れる解決になるぐらいの違いしかない。正しくは、怒らないで「問題を解決し更に良い結果に結びつける」ですよね。

 人の話を聞き逃さず、その方に興味を持って{何故この人は、そう思ったのだろう?}と考えると、正しい答えが見つかる事があります。そういう時には、直ぐに書き留めましょう、問題を解決し更に良い結果に結びつけれます。

 こうだと思い込んでいる事ももう一度調べてみましょう{ご苦労様は、歳上には使わない?}一般には、そう言われていますが、仕事に対して掛ける言葉だそうですから、そうでもない?考えれば更に良い結果に結びつきそうです。

 こう考えると、考える習慣を付ける事が大切で、怒るとやはり、視野が狭まり大切な思考回路が停止するように思われます。誰だって間違って振り上げてしまった手をどう降ろそうかに思考回路をフル稼働などは、嫌ですものね。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する