わくわく感

 製品のOSを「Windows」から「Linux」に変更するプロジェクトにプロデューサーの立場で参加しています。今、何が不明瞭なのかを聞きだし予算はもちろん、人的関係も構築しプロジェクトを成功させる、仕事です。

 学習会を通して力量は、分かりましたので、今は、課題に対する小さな仮説(道を切り開けるであろうアイデア)出しの段階です。進め方は、ゴールをイメージした上で、小さく早く失敗し次に進む、を繰り返す。

 月2回の会合の中で、わくわくするようなアイデアが、ポンポン生まれ、何をすべきかの形が笑いの中から明確になって行く様を客観的に見れるのは最高のだいご味、マジックを見ているような気分です。

 g-mon 嘘を言っていました「責任を取ると言う事は絶対成功する事。だから出来ない事には手を出さない」と周囲には言っています。よくよく考えたら、成功するなど考えもせず、何時も気付けば、始めています。

 理由は?、もっと沢山、ワクワクしたいからでしょう。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する