g-mon の特性

 プログラムを解析するために、”doxygen”をいじった。凄い ・・ 気に入りました。

 兎にも角にも何でもかんでも、”やってみよう”と思ってしまって”やらなきゃ気が収まらない”性格に苦労させられています。

 絶対に大変になると分かっているくせいに首を突っ込み苦しみもがいて ・・ で、何となく出来てしまうからダメなんだと思います。

 悲しいかな、同僚にも”直ぐにはその仕事を引継げない”と言われますし”直ぐに”と言ったら誰にも、そう、部下にも引き継ぐことは出来ないでしょう。時間が必要です。

 さて、g-mon は、何を引き継ぐのでしょうか?”やってみよう”と”折れず諦めない”気持ちなのかなって思うのですが、そんなの誰が喜ぶの?そもそも必要??
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する