割り込み

 g-mon の仕事は、システム屋。と言っても小さな会社ですので、ネットワークの管理からシステムの設計、プログラム、サーバー管理にパソコンの修理まで、何でもやります。

 そんな訳で、急ぎのプログラムや資料作成などを行っていても、パソコンが立ち上がらない、プリンターが繋がらなくなった、などなど様々な割り込みが、どんどん飛び込んできます。

 それはそうでしょう、相手にとっては、今使いたいのに動かないのですから後に回してよい場合であっても直ぐに対応してほしいと思うのは、当然でしょう。g-mon は軽重を確認しながら並行して処理をします。

 ただ、これが新人さんには難しいようでメインの仕事が止まってしまいます。遅れたり残業したり、時には、g-monが肩代わりしたり、諦めたりして形にはしています。

 新人さんが悪いのでしょうか?いいえ。では、対応を依頼する人が悪いのでしょうか?いいえ。何とかこなしてきた、いえ、こなせなかったけど長らくごまかしてきた g-mon が悪いのです。

 新人さんの負荷が増えるのですが対応に掛かった時間と対応した内容をメモにするよう指示しました。目的は、整理してある程度の不具合は各部署で知識を共有して頂き、業務が止まるのを最小限にするためです。

 その分、新人さんの計画を幾つか削る事にしました。また、当面は、新人さんが走り回るのを黙認する事にもしました。焦らない焦らない、何時か割り込みにも上手く対応出来るようになるでしょう。それもシステム屋の仕事です。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する