神さま

 以前先輩に言われました。
「g-mon 生き急がない方が、いいんじゃない?」と。
 その先輩も今は、笑ってみていてくれます。それどころか、意外と一緒に生き急いでくれているかも?と思う時もあるようになりました。

 後輩に言われます。
「働き過ぎですよ、休んでください」
 今は違いますが、数年前に加わったお仲間は、
「g-mon さんが休まなければ周りも休めない」と怒りました。
 同僚は、面白がってかなぁ
「調子にのっていいんですよー」

 だんだん皆さん言わなくなって、きているので、同僚の一言は貴重かな?結構楽しそうに見守ってくれています。

 生き急いでいるとは1つも思いませんが、しかたがないのです。1つ扉を開けると、そこには、ユニークで楽しくて面白い世界があるんです。扉を開けた瞬間には、気付けないのですが扉の向こうには、必ずそういう世界が広がっているんです。

 で、気付くと扉の向こうにも壁があって、探しているとまた扉があって、の繰り返し。g-mon もし力が付いたら千の扉を一度に開けて、千のユニークと楽しいと面白いを味わってみたい。次は、万、その次は、・・・

 生きるのが楽しいんです。確かに怖く辛くキツイのですけど、扉があり、その先に何があるのか知っているので、止まれないのです。「次の世界を見たーい」と、思わなければ、今の辛さも無いんですけどねー。でも見たい。。

 でー、キット最後の扉があるんです。それは、とってもとっても小さくて、でも、とっっても、そう見上げても端っこが見えないくらい大きい扉が待っていてくれるのです。g-mon その扉を開ける時が楽しみでー 。

 無宗教なんですけど、実は、g-mon 神を信じています。
 
コメント

神も仏もアッラーもヤオロズの神も
わたしのお願い事を叶えて欲しい時には
ありありと勢揃いします(笑)なんて豪華!

ぽぽさん 同じだ!

なんで、似てるの?その、あさましさ(笑
ある意味、幸せです。
これからも、それで行きましょう♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する