誤報

 どこでどうなってしまったのか会社の掲示板に「現在のシステムの寿命が来ている」と発表され、何の事だとシステムを使っている方達に聞いて回ると「上からそう言われている」との事でした。

 えー、g-mon 一応システムを担当しているのですが、そんな話は聞かないし誰にも聞かれていないのに、どこから誰にそんな誤報が流、トップまでに行き、どのようにして社内掲示板に乗った?

 みたいな事が現実に起きたら怖いので、システム、特にMRPでブラックボックスになっている部分の回避策を考えて見ました。結果、5つの事を引継げば、システム障害に対応出来る事がハッキリしました。

 後は、早々に上の承認を得て実務者を指導する。今回は、チョットしたキッカケで g-mon が会社の知識に落とさなくてはならなかった項目が明らかに成りました。良い機会だと思うので、もう一度業務の見直しを掛けようと思います。

 誤報が現実に成る前に。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する