文明の利器

 昨日は、参った。出張、八王子から茨城の端っこまで機材を積んで車で移動。忘れていたけれども外環道が出来たので、それを使えばよかった。社用車に付いているナビの言う通りに走ったら首都高を通り、しっかり事故渋滞に巻き込まれ片道シッカリ3時間。

 帰路は、東名を通って町田に向かおうと思いナビの指示、中央高速に向かうのを無視して直進したら怒ったらしく横浜に案内されてしまった。地下道路だったから適当にしか案内出来なくなったのだろう。大黒ふ頭でユーターンし保土ヶ谷バイパスで帰った。

 考えるのが面倒なのか、ついついナビに頼ってしまう。実際何度も助けられているのだけれど慢心は、問題。自動運転だってキットそうなんだと思う。自動運転で勝手に車が事故を自動で起こしたとしても手動に切り替えられるなら過失は運転手にあるんだ。

 普段、そうなるだろう、それは、あたりまえだ、と思うような事に関しては、深く考えない。だけどそう言ったところに危険が潜んでいたり、素晴らしいアイデアの種が落ちているのだと思う。普段考えない事を考える、とにかく昨日は疲れました。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する