サポート

 昨年4月に入社した新人君、1つ1つの節目を付けてあげれば、可なりの仕事が出来るようになりました。もう一方、契約社員になって頂いている大先生も無理難題を理をとしてお願いすると驚くような回答を持ってきてくれます。今は g-mon もサポートして頂ける組織があるので、2人の補強で10人前程度の仕事が熟せているように感じています。

 逆に昨日2つめの会合では、1つめの興奮を引きずってしまい、相手の話を聴くが不足、十分に満足して頂いての討議とはなりませんでした。本来 g-mon が引っ張るのではなく、相手の気持ちを汲んでサポートに回るべきなのにです。結果として貴重な時間を無駄にしてしまったので1人前が1人前以下の仕事しか熟して頂けなかったと感じています。

 人には向き不向きがありますし、その時の状態や習熟度にも開きがあります。例え1人で頑張っていると感じていても実際には、多くのサポートを受けているだろうし、自身がサポートを行っていると感じていなくとも多くの良いサポートを自然に行えている人も居ます。仕事を上手く回すには、サポートの流れを感じ適した流れを作り出す事が肝心だと思っています。
 
 目の前の仕事を全力で熟しつつ、何時も1段2段と上がり全体最適化の目線で何がどう動いているのかを感じる。それが出来るよう日頃の人間関係構築と学習、そして自身の身勝手から離れ相手目線、会社目線、お客様目線、社会・世界目線と段階を追って物事を考える訓練、サポートの流れを作りだし飛躍的に仕事の生産性を上げるには、それが必要だと思います。
   
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する