息子

 ジュニア(息子)が課長としての役割をまっとうするのに1人で苦労をしている。自分から進んで小さな会社に勤めたのだからしかたが無い。自分でコツコツと課長が課長の役割をまっとう出来る仕組みを作るしかない。

 g-mon も同じで、やっと次長、課長の仲間5名ぐらいの核が出来、その周りに後5名ぐらいの共感者が集まるようになった。今は、係長クラスに5名程度、30代前後と下のクラスに5名程度の仲間を作っている。

 全ては、この会社を次に繋ぐため、社長のビジョンを形にするため、多くの社員が進んで次の人達のための1段になる事を楽しいと思えるようになる活動だからこそ、社長にも無理を言って要望する。もっと、ビジョンを明確に発信して欲しいと。

 g-mon は、社長になる器では無い。何時までたっても上から怒鳴られ下から突き上げられる立場です(が好き)。ストレスは、満載、苦労は人数倍、歩みはアリよりも遅いけれども、長い目で見れば”サラリーマンも楽しい”と、ジュニアに伝えたい。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する