相手のため

 先日の会合で社長が「コミニュケーションを取るには、相手の立ち位置まで移動する必要があります」と言われていた。なるほど、と思った。

 新人君にメールで送ったコミニュケーションの注意点は「相手の持っている情報の質と量・新情報を解釈くする能力・そして価値観」を考慮して会話を始める事、だった。

 さて、g-mon 社長の立ち位置をしっかり意識してコミニュケーションを取れていたか?新人君の情報量・解釈力・価値観をどこまで考慮していたか?はなはだ危いわけなんです。

 コミニュケーションのテクニックは色々あるでしょうが、伝えたい事がハッキリしたら、相手の事を真剣に考える。松下幸之助さん「無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。」これもテクニック?
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する