バケモノの子

 昨日は、お休みを頂き映画「バケモノの子」を見てきました。

 ジャングルでもサバンナでも水飲み場に色々な動物が集まるように食事をする場所には色々な人が集まります。

 今朝は、これからキャンプに向かうのであろう子供4人と元気そうなご両親の家族、朝から1人、ビールを飲んでいるチョットおしゃれな作務着姿のおじさんに、こちらは明らかに仕事でしょう、作業着で身を固めた方々と、行くところは、まるで違うけど一時ここに集まります。

 今朝の店員さんは片言の日本語で「オハヨウゴザイマス」と声を掛けてから注文を聞いて回ります。これは良いですね、こちらも分かるように話そうと言う準備が出来ます。「○×△デスネ」と注文を繰り返すのも頑張ってるが伝わり優しくなれます。

 多分、2度とお会いしない方も多いのだと思います。それでも、そんな薄いつながりが少し濃くなる時もあり、今と言う時に繋がります。

 そんな不思議な繋がりを、大切な繋がりを教えてくれる映画でした。宜しかったら ・・ 
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する