生命の続き

 帰路NHKラジオから流れていた放送です。

 「国立科学博物館」では、生命大躍進-脊椎動物のたどった道-開催中

・約5億年前ピカイアと言う脊椎動物が生まれました
・目が出来たのはその後500万年ぐらい後?
・母乳から母性が生まれたと言われます
・ホモサピエンスとネアンタール人、生き残ったのは言葉を覚えたホモサピエンス

 とても面白い番組でしたが g-mon 的には最後の「コミニュケーションが取れた方が生き残った」に感じるものがありました。

 もしある会社の人達が上手にコミニュケーションを取れるようになったら、凄い競争力になると思ったからです。

 会社に限りませんね、スポーツのチームに置いても気持ちが一つになった時は強いです。

 別の番組で「地球より15億年ぐらい古く今までで一番地球に近いと思われる惑星をハッフル望遠鏡で見つけた」と聞きました。

・地球は46億年前に太陽系と一緒に形成されました
・海の誕生時期は43億年前というのが有力です
・海で生命が誕生したと言われているのが40億年前
・そして今

 今から15億年後の地球はどうなっているのでしょう?もっとコミニュケーション能力が高まり共存をより強く考えるようになっている事を望みます。

 生命の続きが見たいですから。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する