特盛

 前回すき家に訪れたのは2週間前?2名体制になって始めてであるが、若いお兄さんをおばさんが躾けている現場に出くわすことになった。あれは、間違いなくお姉さんでは無くおばさんだったし教育では無く躾だった。

 何時ものように「まぜのっけをお願いします」と丁寧にお願いしたにも関わらず厳しいおばさんの目が光っている店内に明るさを呼び戻すことは出来なかった。そして小鉢の牛は、何時もの2/3もあっただろうか・・盛りが綺麗なだけにショックだった。

 それがどうだろうか、今日は男子2名体制、半分寝ぼけているのかさほど愛想も良くないが見てくれこの牛小鉢を!前回分を取り戻し余りある特盛じゃないか!汁もダクンダクンである。おー、まいごーっと!!

今回は輝いて見えたなー♪

 人には浮き沈みがある。前回はこんな一大事があって良いものなのかと1日中暗い気分だったが、人生そう捨てたものではない。よく言うじゃないか「捨てる神あれば拾う神あり」、今日は気分いいぞー、頑張るぞー♪
 
コメント

♪夜明け間際の吉野屋では
化粧のはげかけたシティ・ガールと
ベィビィ・フェイスの狼たち 肘をついて眠る♪

by 中島みゆき

クルマで夜通し走って朝食に吉野家で食べ、聴くにはいい音楽です(^^;;

あいびすさん いいっすね!

歳なのでしょう、夜更かしもしなくなりました。
どちらかと言うと早起きのおじさんおばさん達と良く遭遇します。
やはりこちらは田舎なんですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する