見えない壁

 技術とソフトウェア標準化会合を初めて半年、最初は「?」だらけの参加者の「?」が1つづつ消えて昨日の会合では、なかなか発言が出なかった最後の「?」から積極的な意見が出、全員の「?」が「!」に変わりました。

 何の事は無いここからがスタートですが、既に現在進行中のソフトウェア開発にも役立つ成果物「製品要求仕様書」と「ソフトウェア仕様書」が9割完成し、最後の見直しをメンバーが進んで行ってくれます。。良かった。

 ソフトウェア標準化は以前から皆がこれでは行けなと思っていて変えられないでいた事でした。皆そう思っているのにそうならない事って沢山ありますよね。でも始めなかったらそれは、ずっと、ずーっと変わりません。

 気になる事がずーっと変わらないと言うのは楽しい事ではありません。もし変わったら、変われたら後は、皆で何とか出来るのです。楽しくないとはおさらば出来るのです。なのになかなかそうしない、、そこには何か見えない壁があるようです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する