一緒に学ぶ

 自部署の新人さんとQC手法の勉強をした。g-mon も随分前に勉強したのだけれども長い間使わなかったから工程能力の計算などチョット怪しいところもあった。改めて改善前と後の図のならべ方など何故そうするのかが分かった。

 こんなに良いものをどうして使わなくなったのだろう、と考えた。そもそもチャンと使い方や使う目的を覚えていなかったのだけれども、次に残すとか改善前と改善後をキチット評価すると言う考えが基本的に欠落しているからだと思う。

 それでも会社として成り立ってきたのだからそれで良いと言う考え方も確かにある。でもそれは羅針盤や地図を持たないで航海に出るぐらいに危い事なのだと思う。キット効率やメンドクサイが優先されたのだと思う。

 正直 g-mon もキット新人さんが入社しなかったら最後までしないかもしれない。だけどここは頑張るしかないなー。やるべきことはやる!は、あたりまえの事だからもう一度新人さんとQC手法をしっかり学ばなくては。
 
コメント

品質管理検定(QC検定)持ってる私・・・も、もっと勉強しないと(^^;;;

あいびすさん 良いものをお持ちですね!

学んでいると色々な手法や考え方をどこでどう役立てようかと夢が膨らんでしまいます。
直ぐに使いたくなるのは悪い癖、新人さんとユックリ考えたいと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する