FC2ブログ

個性

 昨日の日記を読んで恥ずかしくて、どれだけ自慢したいのか・・

 父親に呼び出され、町田駅周辺に出ました。ここは、少し開けた所と同じようにチョットしたところにパホーマー達がいます。

 今日出会ったのは、上等なピアニカ1つにバイオリン2のミュージシャン、その旋律に急ぎの用があるにも拘らず足を止め一時手拍子を送りました。素晴らしい、心を打つ楽曲に酔いしれました。

 彼らも、また違うパホーマー達も随分と磨かれている事だと思います。それこそ血の滲むような練習を重ねているのだと思います。でも、演奏中は笑顔、人が欲しいのは苦労話では無く、その圧倒的なパホーマンスなのです。

 可能性だけにかけて彼らは、どうして頑張れるのでしょう?たぶん思いは、1つ。私は生きているを証明したい。生き残る事、生きている事、それだけが個性と呼べるものなのだと思います。

 ・・今日も、恥ずかしい orz
  

 
コメント

芸で食べていくって、考えたら他の職業より夢と根性が強くないと出来ないのかもしれないですね
それで大成するかも分からないけど、夢持つって若い時の特権なのかも

マリウスさん 心折れちゃいますよね

良く「ファンの方が」とか言うのを聞きますけど結構ホントの気持ちでは?なんて思っちゃいました。
数人から始まるのかたまたまの応援か、そんな事が勇気を与えてくれて頑張れる、そんな気がします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する