FC2ブログ

小さな会社

 昨日は、会社を抜け出し久々工場見学に行ってきました。商工会議所さんのお手伝いを受け向かったのは市内の町工場、従業員4名、マシニングセンター4台と規模は大きくないですが、ワクワク感、独自の経営感、そして何より人を感じさせて頂ける優良企業さんでした。

 学んだのは、個性・ノウハウ・仲間の大切さ、自分を持っていなくてはならず、考える力があり、そして刺激し合える仲間がいる事。個性では自分をいかに見せるか、綺麗な工場ならつまらない詮索を受ける事もないけど工場が汚れていれば出来栄えを心配される。そんな当たり前な事をキチットやれるのも個性の伝え方です。

 「2週間先の受注があるかどうか読めない」と仰っていましたが研究機関、大学、大手の開発部門と100社程度の受注先を持ち、兎に角短納期のため材料在庫は持たず、仕掛品もほとんどゼロ、でいて土日はしっかり休まれています。「金曜依頼で月曜出荷をビクビク断った」とも仰っていましたが「また注文を頂けました」との事でした。

 社長さんは、仕事半分、遊び半分とも仰られていましたが g-mon には、出来ない考える時間を作るが出来ていました。マネージメントには、考える時間が絶対に必要です。経験を積むにはチャレンジが必要でこれにも時間がかかります。誰もが目先を負うのが普通ですが、これも経営者の資質なのだと思います。

  小さいけれども良い会社だな、何より社長の話にはワクワクがある・・。小さくは無いのかも知れません、ニッチかも知れませんが一部のシェアは国内30%だそうで海外進出も計画しているとか。ビジョンは「この会社は面白い、何か気になる、仕事しているの?」だそうで、やっぱり会社は、社長だと改めて思った工場見学でした。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する