今更5S

 企業もある程度続けて行くと、思いつきや個人の能力に頼るだけでは、環境の変化に付いていけなくなります。そこで必要になるのは、標準化であり、それは一般によく聞く言葉でありながら実は、企業個々のノウハウが詰まったものなのだと思います。

今、g-mon は、組込その他ソフトの標準化を考えているのですが、的外れと思いつつも幾つかの見方で整理してみたいと思いました。

1つ目の見方は、
 今更ながらの5S「整理・整頓・清掃・清潔・躾」です。ここには、くどい位の繰り返しがあり、やりあげると言う強い意思が必要で、それを支えるのは、ビジョンと画期的な発想、アイデアから生まれる手順(ノウハウ)だと思います。(実現するための道具が必要な場合もあります)

2つ目の見方は、
 ローマは1日にしてならずです。「プロセス成熟度フレームワーク」などは参考になると思います。レベル1:場当たり的状態、レベル2:反復できる状態、レベル3:定義された状態、レベル4:管理された状態、レベル5:最適化する状態とありますが、今レベル2のものが急にレベル5に行けるとは思えません。

3つ目の見方は、
 「部分最適化と全体最適化」です。標準化=その通りにしかしてはいけない、ではありません。兎角人は自分達で決めたことに縛られがち、悪い事ではないのですが高い位置では「変化出来る組織にしておく」も標準化して置かなくてはなりません。また同じように部分に囚われず、どこからどの順番で標準化して行くかも重要と思われます。

 いずれにしても、まず現状の整理、これが重要だと思います。そしてそれは、レベル1、2の段階を3の段階にしていく行為であり、可能な限り全体を把握した上で(時間軸を考慮しながら)どこから手を付け、何をどこまで優先するかを十分に現状把握したうえで計画し実行しチェックし正しいアクションに繋げる活動の繰り返しだと思います。

ここでも5Sが重要でした。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する